モノヅクリのお手伝い
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Rika Tenjin
 
[スポンサー広告
センシュアスハウス
働くママTOP


センシュアスハウス…


今週末のもうひとつのお打合せ。

セントラルキッチンの家 同様、コーディネートのみの物件です。

コーディネートのみ…といっても、お客様の労力と悩みがMAXに達する作業の連続の幕開けな訳です。

基本的に使われる書類は
・設計平面図
・設計立面図
・設備図(電気配線図)
・仕様書

SBSH03141.jpg

と、約8枚ですがこれらの仕様を決め、詳細を確認していく中で開くカタログの数、サンプルの数は数知れず。。。
設計と絡む問題も出てくるので要注意です。
最終着工するときには8枚どころの書類ではなくなります。

お客様もこれだけの書類をご確認されるのは大変ですね。。。

そう。
センシュアスハウスって…

カタカナ表記がこれで正しいのかは謎。
The Sensuous House で、心地よい家 とか 感覚的な家 とかという意味でつけてみました。

おうちに一つ一つ、コンセプトテーマをつけること。
これは実はとても大切なことです。

このテーマを持っていることで、軸をブラさずに進んでいくことができます。
迷いが出たときや、例えば予算的に二者択一を迫られたときなどにも、まず初めの目的を見失わずに
選択していくことができるようになります。

このお施主様はまだ30歳になっておられない若いお二人。
このお二人、揃って「感覚の人」なのです。
だからお話していても心地いい。
実は私も、根っからの感覚人。
今まで「思いつきで行動する」とか「向こう見ず」とか言われることも多かったのですが
実はこれ。感覚人間には説明の付かない「根拠のない自信」みたいなのがあったりして。。

外観も、お好みかと思われるサイディングサンプルの組み合わせをクルクルとご提案していく中で、
「これ!」と瞬時に判断されていきます。
でも「なんか違う」と、違うことには妥協はしません。

これはまさに 「感覚の人」

そして奥様の言葉にあった「リラックスできる家」でありたい。という思い。

具体的なコンセプトが形として表現されていなくても、実はまだ見えない空間の中にこうしたコンセプトが
詰め込まれて生まれてくることもあるんです

家作りの「見方」というのは沢山ありますね。

このお家、絶対素敵なおうちになると思います!!

こちらもまた、乞うご期待。

Posted by Rika Tenjin
 
[働くママ日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。